【お役立ち情報】骨盤ベルトで腰にかかる負担も軽減

女性は出産をすることによって骨盤がに歪みが生じてしまいますが、10日程度でその歪みも徐々に改善されていきます。
この期間に正しい姿勢で生活をしなければ歪んだ状態となってしまっていますので、いけないのです。

 

腰に大きな負担をかけてしまうことによって身体全体のバランスが崩れてしまうことから、骨盤ベルトを使用し正しい姿勢を維持する必要があります。
骨盤ベルトは非常に注目を集めており、産前や産後の腰痛に悩まされている方を救ってきています。
徐々に減少していくことに一般的に妊娠中に増加してしまった体重というのはなり、元のスタイルに戻すのが骨盤が開いた状態が続いてしまうことで困難となってしまうのです。
骨盤ベルトを利用して身体を痛めることが無いために産後など日々の生活を送ることが大切なのです。

よく当たる占い 無料の最新情報
http://petite-petal.com/rule/
よく当たる占い 無料はこちらへ



【お役立ち情報】骨盤ベルトで腰にかかる負担も軽減ブログ:17/10/04

ダイエットしているにもかかわらず、
食後のデザートがやめられなかったり、
20時になったら、
ついついおかしに手が伸びてしまったり…
そんな人は少なくないと思います。

あたくし自身、
20時、テレビを見ながら、
おかしをつまむ事が最高の幸せ!と
思っていました。

でも、それではダメなんですよね。

せっかく体操を頑張ったり、食事制限に苦労していても、
毎日のようにおかしを食べてしまうという
悪い習慣が身についていたのでは、
ダイエットなんて成功しませんよね?

そこで、あたくしは、
悪い習慣を「やめる」のではなく、
別の習慣に「置き換える」ようにしたんです!

からだは快感を欲しているわけですから、
快感を供給することを停止してしまうと
それはストレスになってしまいます。

つまり
「快感は引き続き供給させる」のですが、
供給させる方法を別の方法に置き換えるわけです。

例えば
「寝る前のおかし」
だったら、
「寝る前にアロマテラピー」
にしたり
「寝る前にハーブ茶を飲む」
と言った具合に、
別の方法で快感を与える方向に、転換させてやればよいのです。

午後食の後のデザートも、
ケーキやアイスキャンディーなどではなく
せめてフルーツにするなどの置き換えをしましょう。

甘いものって、人間の本能で快感に直結しているので、
最初は物足りないと感じるかもしれませんが、
慣れればそれが何でもなくなりますので、
皆様、是非試してみてください。

置き換える過程でどうしても苦しければ、
例えば、チョコレートが好きな人なら、
カカオ成分の多いビターチョコにするなどして、
からだに「快感」ではなく、
徐々に「不快」を与えて行く方法も効果的でしょう。