【お役立ち情報】骨盤ベルトで腰にかかる負担も軽減

女性は出産をすることによって骨盤がに歪みが生じてしまいますが、10日程度でその歪みも徐々に改善されていきます。
この期間に正しい姿勢で生活をしなければ歪んだ状態となってしまっていますので、いけないのです。

 

腰に大きな負担をかけてしまうことによって身体全体のバランスが崩れてしまうことから、骨盤ベルトを使用し正しい姿勢を維持する必要があります。
骨盤ベルトは非常に注目を集めており、産前や産後の腰痛に悩まされている方を救ってきています。
徐々に減少していくことに一般的に妊娠中に増加してしまった体重というのはなり、元のスタイルに戻すのが骨盤が開いた状態が続いてしまうことで困難となってしまうのです。
骨盤ベルトを利用して身体を痛めることが無いために産後など日々の生活を送ることが大切なのです。

よく当たる占い 無料の最新情報
http://petite-petal.com/rule/
よく当たる占い 無料はこちらへ



【お役立ち情報】骨盤ベルトで腰にかかる負担も軽減ブログ:17/8/22

シェイプアップに励んでいても
「体重が落ちなくなった…」
ということは誰にでもあります。

ここで多くの人がやってしまうパターンが、
さらに摂取カロリーを減らしてしまうことです。

これをやってしまうと、
代謝も極端に低下して、より体質の脂肪が落ちなくなります。
摂取カロリーを減らしすぎるのは
シェイプアップには逆効果になるので、
絶対にやってはいけません。

体質の脂肪が減らなくなる一番の原因は、
体質が摂取エネルギーの減少に適応してしまうことです。

なので、
ご飯の摂り方に変化をつけることが
シェイプアップ効果を上げるのです。

多くの人は、
摂取カロリー量を制限する場合、
「減らすこと」しか頭にありませんが、
実は「増やすこと」が大きなポイントとなります。

例えば…
24時間1500キロカロリー食べている場合、
7日間のうち二日間、
摂取カロリーを200〜300キロカロリー程度増やします。

この時、
炭水化物でカロリーを増やすのがポイントとなります。
おにぎり1〜2個程度のご飯を
いつもより多く食べるようにするのです。

二日間、炭水化物でカロリーを増やしたら、
またもとのカロリー量に戻します。

5日間は1500キロカロリーで、
二日間は1800キロカロリー摂る、そしてまた1500キロカロリーに戻す。
このようなサイクルで食事を摂ります。

こうしてカロリーを増減したご飯を行うことで、
エネルギー・レベルを高く保つことができるので
炭水化物を常に制限している場合よりも、
速いスピードで体質の脂肪を落とすことができるのです。

シェイプアップではカロリーを「減らす」だけではなく、
時には「増やす」ことも重要なポイントとなるのです。