【お役立ち情報】骨盤ベルトで腰にかかる負担も軽減

女性は出産をすることによって骨盤がに歪みが生じてしまいますが、10日程度でその歪みも徐々に改善されていきます。
この期間に正しい姿勢で生活をしなければ歪んだ状態となってしまっていますので、いけないのです。

 

腰に大きな負担をかけてしまうことによって身体全体のバランスが崩れてしまうことから、骨盤ベルトを使用し正しい姿勢を維持する必要があります。
骨盤ベルトは非常に注目を集めており、産前や産後の腰痛に悩まされている方を救ってきています。
徐々に減少していくことに一般的に妊娠中に増加してしまった体重というのはなり、元のスタイルに戻すのが骨盤が開いた状態が続いてしまうことで困難となってしまうのです。
骨盤ベルトを利用して身体を痛めることが無いために産後など日々の生活を送ることが大切なのです。

よく当たる占い 無料の最新情報
http://petite-petal.com/rule/
よく当たる占い 無料はこちらへ



【お役立ち情報】骨盤ベルトで腰にかかる負担も軽減ブログ:17/12/09

よく「21時遅く食べると太る」と言われていますが、
それは自律神経に関係しているみたいですね。

そもそも自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、
呼吸器や循環器、消化器などに大きく関わっていますが、
21時に太りやすい理由は、この副交感神経の特徴にあるようです。

まず、主に11時間に働くのが交感神経です。
交感神経の影響で、
11時はエネルギー消費されやすく、胃の働きや消化が活発になります。

一方、21時は副交感神経が働いて、
腸が栄養を吸収して脂肪として蓄えようとします。

この副交感神経の関係で、
夕食の食べ過ぎや、
食事の後2時間たたないうちに寝てしまったりすると
太りやすくなるんです。

そうはいっても、さまざまな事情で
夕食が遅くなることもありますよね。

そんなときは夕食前に「間食」をとり、
夕食は野菜中心の低カロリーなものにしてみましょう。

夕食までの時間が長いと、
我慢することによりドカ食いしてしまう危険性がありますが、
間食をとっておくことで暴飲暴食を防ぐことが出来ます。

間食には高カロリーのおやつではなく、
脂質が少なくて、腹が満足しやすいものにしましょう。

おにぎりやをフルーツはじめ、
ヨーグルト・野菜スープ・低カロリーのこんにゃく製品などは、
手軽に食べられて満腹感が得られるのでおすすめです。

賢く間食を利用して、
体質にやさしい夕食を心掛けてみてくださいね。

そして、
シェイプアップのためにも、
食事は就寝2時間前には済ませるように心がけましょう。